弔電の送り方とマナー

お世話になった方のお通夜や告別式に、どうしても参列できない場合は、弔電を打ちます。訃報は、突然の出来事ですので、慌てないように、弔電を送る際の注意点やマナーを書いていきます。まず、打つ時期ですが、葬儀や告別式の前日までに打つようにします。一般的に受け取り人は喪主様とするのがマナーです。間違っても故人様宛に送らないようにしましょう。次に、メッセージの中で注意しなければならない事があります。それは、忌み言葉という言葉を使わないようにしたり、続くことを連想される、「ますます」や「たびたび」などの言葉は、使わないようになければなりません。また、相手の宗派によって使ってはならない言葉もありますので、きちんと宗派を確認しましょう。弔電の種類は台紙だけのものやお線香や生花がついたものもありますので、故人を偲び哀悼の気持ちを伝えましょう。

突然の訃報に慌てない為に知っておく弔電のマナー

弔電は、訃報を受けたけれど、どうしてもお通夜や告別式に行くことが出来ない場合に、代わりにお悔やみの言葉を届けてくれます。訃報を受けたら、葬儀に間に合うように手配をしなくてはならないので、迅速な対応が必要です。その為にも、予め弔電の送り方やマナーを知っておくと安心です。まず、送る際の宛名は喪主宛てで、もし分からない場合は、故○○様ご遺族様、というような形でも構いません。差出人名は必ずフルネームにし、会社関係の場合は会社名プラスフルネーム、もし会社を代表して送る場合は、会社名プラス代表者名としましょう。送付先は葬儀が営まれる場所、自宅や斎場に送ります。訃報の連絡を受けたら、通夜、葬儀の日時、場所、喪主名、喪主と故人との関係、宗教などを確認することが大切です。文面は定型文が用意されているので安心ですが、注意点として、重ね言葉など、使用してはならない言葉もあるので気を付けましょう。

キリスト教での葬儀の際の弔電

お通夜や告別式に参加できない場合に、お悔やみの気持ちを届ける事ができる弔電です。その中でも、キリスト教の葬儀の場合は、仏教、神教で行う葬儀とは異なる為、弔電を送る際に注意が必要です。キリスト教の場合、亡くなるということが悲しいこと、という考え方ではなく、亡くなることは神様によって天に召されることを意味しており、祝福されるべきことと考えられています。その為、このキリスト教の考え方に基づき、送る必要があります。キリスト教の葬儀では、お悔やみの言葉は使用されません。弔電サービスで用意されている定型文は、ほとんどお悔やみの言葉が使われている物が一般的ですので注意が必要です。キリスト教の場合、天での平安をお祈り致します、というような形が適しています。訃報の連絡を受けた際、葬儀会場、日時、喪主名の確認などの他に、宗教の確認をすることも大切ですので、忘れないようにしましょう。